白髪染め基礎知識

白髪染め基礎知識記事一覧

若白髪と中高年の白髪の違いを知るためには、まず白髪になってしまう仕組みを知らなくてはいけません。髪に色を与えているのが「メラニン色素」というもので、毛母細胞(髪を生やしてくれる細胞)にメラニン色素を渡す事で髪に色が付きます。このメラニン色素を産生してくれる細胞が「メラノサイト」と呼ばれるもので、白髪になってしまう原因とメラノサイトが大きく関係しています。本来であれば、加齢によってメラノサイトが無く...

白髪染めで頭の場所により染まりやすいところ、染まりにくいところなどがあります。白髪染めで悩まれている方で一番気になると感じやすい部分は、顔まわり、頭頂部です。顔まわりを染める時、注意して頂くポイントで絶対にしてはいけないこととして薬を塗り過ぎてしまうと目に入る恐れがあり、もし目に入ってしまった場合は、必ずすぐに目を洗っていただき、専門の病院に行ってください。最悪の場合、失明の恐れがあるので要注意で...

一度白髪を染めると伸びてきた時に白髪が気になって頻繁にご自宅でセルフカラーをされている方も多いかと思いますが、周囲に白髪染めのヘアカラー液が飛び散って汚れてしまったり、準備をきちんとせずに染めはじめて後であたふたした事はありませんか?自宅で白髪染めをする時はまず床や壁を汚さないよう新聞紙でガードしましょう。壁を覆う時は貼った跡が残らないマスキングテープがあると便利です。白髪染めの時は汚れてもいい服...

 白髪染めの独特なツーンとする臭いは、主に脱色するための過酸化水素、染毛剤となるジアミン、髪のキューティクルを開くアンモニアの3つの成分が原因となっています。この成分が入っている白髪染めはしっかり染まります。過酸化水素で黒髪を脱色し、髪の毛全体が同じ色で染まるようになっていて、アンモニアで髪のキューティクルを開かせることで、髪の毛1本1本へ染料が入りやすくなっているからです。かなり臭いが強いので染...

私は現在41歳。はい、白髪もちろんあります。1人目の子供を産んだのが38歳の時で、それまではあまり気にしていませんでした。何本かしかなかったので、気になればプチッと抜いていた記憶があります。しかし、出産してからは一気に増えました。びっくりするほど増えました、白髪ちゃんが。頭のてっぺんの根元からみるみるうちに生えてくる白髪。どれだけばっちりメイクをしても、スタイリングをしたら若作りしているつもりでも...