条件別のおすすめ白髪染め

条件別のおすすめ白髪染め記事一覧

40代になると急激に白髪の量が増えてくるので20代や30代の時と白髪染めの使用方法も異なってきます。20代や30代は白髪が出てきてもそれほど多くないので白髪染めを使用して大雑把に白髪ケアしておけば問題ないですが、白髪が増えてくる40代では大雑把に白髪ケアをしていると部分的に染まっていないという事も出てきます。特に細かい部分は染まっていない事が多いので自分で白髪染めをする時は注意が必要です。最近は白...

30代のうちはまだ一本ずるっと長い白髪というより、リタッチで済むくらいの根元白髪の方が殆どです。全く白髪と無縁の方も勿論います。白髪染めといえどカラーリング薬剤ですから、髪への負担は大きいのです。刺激を出来るだけ与えないように、根元から10センチ位のリタッチ式白髪染めを3ヶ月に一度くらいの間隔をあけてするのが丁度良いと思います。注意したいのは…、頻繁なカラーリング、ドライヤー等の使用から髪の色が金...

10代で白髪になる人が増えています。10代と言えばお金がなくて白髪染めをしようとして美容院に行ったり、白髪染め用の液を気楽に購入などなかなか出来ません。すなわち、10代で白髪染めになかなかお金はかけられないと言えます。そこで、お金をかけないで白髪を改善するいくつかの方法があります。まず大事なことは、白髪が出ている部分を根本から抜いてはいけません。抜くことで髪がダメージを受けるからです。ハサミを用意...

近年は、年齢も関係無く白髪に悩む方が増えてきています。残念ですが、10代から白髪になっている人も少なくありません…。そこで、特に気になる世代20代の白髪染めが重要な気がします。勿論、10代に関しても精神的には辛いものです。しかし、20代は”仕事”や”恋愛”が一番活発な期間ではないでしょうか?そこで、20代が白髪染めするのに”バレないようにする!?”と言う感覚も分かりますが…。どうせなら、その年代で...

まず簡単にできるタイプの白髪染めがおすすめです。中でも素手で染めるタイプの白髪染めがあるので、これだと手袋やケープを使う必要がないので簡単に手間暇いらずで染めることができます。手袋を使うと何となく指先の感覚があいまいでしっかり染めることができないという悩みをよく聞きますが、素手だと直接手に取って染めたいところにつけるだけなのでしっかりピンポイントに白髪染めをつけることができ、染まり方も綺麗にむらな...