白髪染めの不安

白髪染めの不安と問題記事一覧

白髪は染めてしまえば簡単に白髪を目立たなくさせることができます。しかし、新たに髪の毛が生えてきた時に、生え際だけが白くなっているということも珍しくありません。また、頭皮のダメージをさけるためにも、美容院では根元まで染めないようにしているところもあるようです。さまざまな理由で白髪染めにいいイメージがない人も多いかもしれません。白髪染めをしないでも、気にしなくて良い方法はいろいろあります。中でも手っ取...

白髪染めでアレルギーは起きる場合もあります。なので初めて使用する白髪染めを使う時には必ずパッチテストをしてから使用するようにして下さい。その理由は白髪染めにはいろいろな成分が配合されていて、その中には化学成分も多く含まれているからです。アレルギー症状と言うのは人によって何に対してアレルギーが出るのか異なりますし、出やすい人とそうでない人との個人差も大きいと言えます。また同じ人でも体調によってアレル...

白髪染めでハゲたり薄毛になるのはどう言うときかと言えば洗いすぎで頭皮にダメージを与えている時ということが出来ます。白髪染め自体が化学成分を配合しているので頭皮にダメージを与えてしまうものですが、さらに白髪染めをした後にニオイが気になるとか、頭皮に白髪染めの染料が付いてしまったとシャンプーをする人が多いのです。ですが過剰な洗髪は頭皮や髪に負担をかけてしまい、必要以上に皮脂が洗い落とされてしまい頭皮の...

近年は女性の社会進出に伴ない晩婚化、高齢出産が増えています。そんな背景の中で妊娠出産による心身の大きな変化が原因で白髪が一気に増えたと白髪の悩みを抱える妊婦は少なくないのです。ですが妊娠中というのは女性の心身に様々な変化が出てきてホルモンバランスも乱れがちと非常にデリケートな状態です。妊婦の中には匂いに対して敏感になる人、普段使用している化粧品でも肌荒れを起こすといったケースが見られます。だから市...

白髪染めとパーマ、そして縮毛矯正。最近は同時に施術してくれる美容院も多くなってきました。しかし、同時施術は時間がとても掛かったり、髪の痛みが心配になりますよね。そこで別々に施術をする場合、どちらが先かを調べてみました。順番を間違えて、せっかくかけたカラーやパーマがとれたりしたら悲しいですからね。まず、白髪染めとカラーの場合。薬剤は同じアルカリ性で髪を膨潤させるんだそうです。そのため先にするのはパー...

自分自信が白髪染めをするタイミングは、案外難しいものですね?でも…親・兄弟の頭髪を見ての「人への指摘」は皆さん早いと感じます。なら、白髪染めは”いつからすればいい?”の疑問は出てきます。ここで、一番自然な”白髪染め時期”が見えてくる場所があります!ズバリ、理容院と美容院ですね?特に適切なタイミングを勧めてくれるのは”行きつけの理容院・美容院”だと言えます。これは、長年の付き合いからの提案で…良きア...

白髪染めをやめると徐々に根本から白髪が目立ってきます。白髪がはっきりと表れてくると見た目がとても悪くなり、老けて元気がないように見えます。特に、白髪が少ない人は黒い部分とのまだらが目立ちます。むしろ真っ白よりも老けて見えますので、白髪が100%に近い人以外は、なるべく白髪染めをやめない方がいいでしょう。逆に白髪100%の人は染めない方が明るい感じにもなりファッショナブルです。髪の毛の長さにもよりま...

白髪染めを使用する際に服に染料がついてしまったということはよくあるケースだと思います。白髪染めは強い薬品なのでもし服についてしまった場合はなるだけ早く的確に対処することがだいじです。塩素系漂白剤を使ってつけ置きして洗濯するのも手ですが、実は塩素系漂白剤だと汚れが落ちない場合が結構あります。むしろ色物の洋服だと漂白剤で白髪染めの汚れは落ちても一緒に色まで抜けてしまう恐れがあるのであまりお勧めしません...

つい、シャンプーやトリートメントで髪を綺麗にしてから白髪染めを使用しようと考えてしまいがちですが、実はそれは間違った認識です。そもそも頭皮には皮脂の脂分というものが存在します。髪を洗わないままでいると、この脂分はどんどん分泌されていきます。この皮脂の脂分を洗い落とすのが、シャンプーの役割なんです。しかし、この皮脂の脂分は、「頭皮の邪魔者」であると同時に「頭皮を守ってくれる者」でもあるんです。頭を洗...

白髪染めをすると頭皮がチクチクする、気分が悪くなるなどの影響があったことはありませんか?早く染まったり、染めた色が長持ちする白髪染めの中には、体に良くない成分が含まれていることがあります。白髪染めの副作用や悪影響とはどのようなものでしょうか。白髪染めに含まれる成分の中で、最も影響が挙げられるのが「ジアミン」です。ジアミンを使った染料では美しい色を実現しやすいのですが、アレルギー反応や皮膚のただれが...

白髪のメンテナンスって大変ですよね。すぐ根本が白くでてきたり、色落ちして目立ってきたり。でも毎回美容院に行くのは費用がかかるのでさけたい!そんな方は自宅でセルフでの白髪染めに挑戦してみませんか?【セルフ白髪染めをオススメする理由】上記したように美容院で毎回染めてもらうのは費用がかかりますが、セルフでするなら自分でしなければいけない手間は増えますが格段に安くなります。家計を気にするとやはり安くすませ...

美容室や理容室でしてもらうのと違って、自宅でセルフで白髪染めするのはコツがいります。特に自分から見えない襟足などはむずかしい部位になります。どうすればキレイに染めることが出来るでしょうか?一番のポイントは薬液を塗る前にブロッキングをしっかりすることです。ブロッキングとは、長さがあって塗りにくい髪の毛を塗りやすいようにピンやゴムでブロック分けをすることで、まず、トップから後頭部を左右2つに分けます。...

ワックスはポピュラーな整髪料として幅広い人々に使用されています。白髪染めをして、日常的にワックスで髪を整える方も多いことでしょう。白髪染めをした髪とワックスに化学的な相性はあるのでしょうか。また、白髪染めをしてワックスを使用することに問題点や注意点はあるのでしょうか?結論からいうと、ワックスそのものは白髪染めに影響は与えません。ワックスが色褪せを起こすことはないということです。これは白髪染めをして...

30代の前半くらいから白髪が黒髪の中に数本見えるようになってきました。最初は抜いたりしていたのですが、白髪が増えるのに連れて抜くだけでは余計に増えるような気がしてきて染めるようになってきました。一度髪の毛を染めると、やめてしまうということができなくて困っています。こんなこともありました。それは夫の親戚が亡くなって葬儀に行ったときのことです。田舎の方なので日帰りという訳にいかなくて、親戚の家に泊めて...

私は白髪を染める時市販で売られている白髪染めを使います。手袋は一緒に入っているのですが染める時だけ使って洗い流す時に一旦外してからシャワーで流すので素手で洗い流します。シャワーだから洗えば一緒に落ちるだろうと思ってシャンプーした後に爪の中に毛染めが入り込んでしまって中々取れませんでした。爪洗い専用のブラシと強力なハンドソープを使って洗っても落ちなくてしばらくそのままの爪でいました。切りすぎなぐらい...

30歳を過ぎた頃からチラチラと目立ち始める厄介な白髪。そんな白髪を隠すために美容院で白髪染めをする人も多いと思います。しかし、中には毎回美容院に行くのは面倒なので自宅のお風呂で染めたいけれど、白髪染めの薬剤でお風呂が汚れてしまわないか不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか?そんな方のために、お風呂で白髪染めを使用するときのポイントをいくつかご紹介します。1、汚れにくい製品を選ぶ最近の白髪染...

白髪が目立ってくる年代になると、自然と髪のボリュームも減ってきて、白髪と薄毛の両方に悩まされるます。特に、つむじ付近の根本白髪や薄毛は、自分ではなかなか確認できない場所なのでなおさら気になります。両方を一度にカバーできる商品を見つけました。利尻白髪かくしパウダー&利尻ボリュームアップミストです。使い方はとても簡単です。パウダータイプのその商品を、ポンポンと気になる部分(たとえば頭頂部)に、軽くたた...